WiMAX料金比較.jp 公式サイト - WiMAXプロバイダ20社のギガ放題の料金・価格やキャッシュバック・キャンペーンを徹底比較!

WiMAX料金比較.jp プロバイダー20社を比較
WiMAX料金比較.jp プロバイダー20社を比較

WiMAX料金比較,jp トップページ | WiMAX 2+とクラウドWiFi徹底比較【どんなときもWiFi&Mugen WiFi】

WiMAX 2+ クラウドWiFiの違いとは?徹底比較します

通信サービスの違い・異なる点を考察します

WiMAX(WiMAX2+)とクラウドWiFiの筆頭である「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」、加えてワイモバイルについても比較していきます。

高速モバイルWiFiサービスとしてはWiFi端末を利用していつでもどこでもネットに繋がるという機能では同じです。しかし、料金や通信制限、通信速度、エリアなどでも若干異なる部分が多くありますのでまずは以下の比較表をご覧ください。
種別 WiMAX2+ ギガ放題 クラウドWiFiサービス その他モバイルWiFi
主なプロバイダー

UQ、BIGLOBE、So-net、
とくとくBB、@nifty等

どんなときもWiFi
Mugen WiFi
Y!mobile
(ポケットWiFiプラン
アドバンスオプション)
通信速度
下り最大1.2Gbps/
30.0Mbps
下り最大150Mbps/
上り最大50.0Mbps
下り最大988Mbps/
上り最大37.5Mbps
エリア 主要都市・人口カバー率100%
回線 WiMAX独自 ドコモ、au、ソフトバンク
のLTE回線を順次使用
ソフトバンク
通信制限 3日間で10GB
(月間無制限)
無制限 3日間で10GB
(月間無制限)
月額料金 3,696円~
変動または固定
3,280円~
月額固定
1,005円
※利用した月のみ発生
初期費用 3,000円
SIM
専用SIM クラウドSIM 専用SIM
契約期間

3年間
(一部プロバイダーで1年)

2年間 無し
通信端末代
(月額)
無料~800円程度 無料 600円弱
キャンペーン 月額料金の割引、キャッシュバック、初月無料などの特典あり -
契約解除料 9,500円~19,000円程度 9,500円~19,000円程度 無し
(端末を分割で購入している場合は残債の支払いあり)

サービス、インターネット回線、契約について

WiMAX2+

UQコミュニケーションズがWiMAX回線を貸与(MVNO)。複数プロバイダーがサービスを提供し個別プロバイダーとの契約する。

WiMAX専用SIMが搭載されたデータ端末(モバイルルーター等)を使用しインターネットに接続する

クラウドWiFi

ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線をクラウド上で最適な回線を使用してインターネット接続を提供。複数プロバイダーがサービスを展開、契約もプロバイダー単位。

クラウドSIMが搭載されたデータ端末(モバイルルーター等)を使用しインターネットに接続。

ワイモバイル

ソフトバンクのLTE回線を使用。プロバイダーはワイモバイル一つのみのため契約先もワイモバイルのみ。

ワイモバイル専用SIMが搭載されたデータ端末(モバイルルーター等)を使用しインターネットに接続。

WiMAX2+

UQコミュニケーションズがMVNOとして様々なプロバイダーに回線を貸与し、そのプロバイダーが個々にキャンペーンなどを組んで展開しているのがWiMAXです。

当サイトで紹介しているようにWiMAXは様々なプロバイダー( BIGLOBEとくとくBBSo-netUQ)の中から選んで契約します。

プロバイダーからは WiMAX端末(モバイルルーター)を無償(一部有償のプロバイダーあり)で提供してくれますのでその端末が手元に届けばすぐにインターネット接続ができます。

回線はUQなのでどのプロバイダーで利用しても通信品質は同一です。ですので、WiMAXを提供するプロバイダーから、キャンペーン・料金など、プロバイダーが個々に設定してる内容を比較し、一番お得なプロバイダーを決めるのが一般的です。

クラウドWiFi(どんなときもWiFiなど)

クラウドWiFiの特徴はクラウドSIMが搭載されたデータ端末を利用することでドコモ、au、ソフトバンクのモバイル回線を使ってインターネット接続するサービスです。ですので、WiMAXのように端末一つ一つ異なるSIMが入っているわけではなく、クラウド上で最適なSIMが自動選択され最適な通信を行うものなので、WiMAXやワイモバイルなどとは回線の考え方が異なります。

クラウドWiFi

クラウドWiFi

 
契約についてはこちらもクラウドWiFiを展開するサービスプロバイダーがいくつかあるので、比較して決めるのが良いでしょう。有名どころでは「どんなときもWiFi」、「Mugen WiFi」などがあります。

クラウドWiFiのプロバイダーの違いは技術面はほぼ同一のため回線の接続性で異なることはありませんが、料金やキャンペーンは異なりますので比較して決めていくのが良いでしょう。

ワイモバイル(ポケットWiFi)

ワイモバイルはソフトバンクが提供するデータ通信サービスです。回線はソフトバンクのLTE回線を利用しています。

WiMAXと異なるのはプロバイダーとして様々なプロバイダーに回線をMVNOで貸しているようなことはなく、ワイモバイルのみで展開しています。

契約についてはワイモバイル(ソフトバンク)との契約になります。

下り最大通信速度について

WiMAX2+

下り最大1.2Gbps

クラウドWiFi

下り最大150Mbps

ワイモバイル

下り最大988Mbps

WiMAX2+

WiMAX2+の下り最大通信速度は1.2Gbpsとなっています。これはtype-C USB接続によるもので、通常のWiFi接続時では800Mbps程度です。

高速モバイルWiFiサービスの中では最速の通信速度となっています。

クラウドWiFi(どんなときもWiFiなど)

クラウドWiFiではドコモ、au、ソフトバンクの空いている帯域を借りる関係で最大下り速度は150Mbpsとなっています。他のモバイルWiFiと比較してかなり遅いです。

それでも調べ物をするとか、簡単なネットゲーム、通常の動画視聴については問題なく利用できます。高画質の動画は通信速度が低いため難しいでしょう。

ワイモバイル(ポケットWiFi)

ワイモバイルもWiMAX2+と同等の通信速度となっています。USB type-C接続が条件で下り最大988Mbpsの通信速度を実現しています。

通信制限について

WiMAX2+

ギガ放題プランで無制限(月間)

※3日間で10GBの制限あり

クラウドWiFi

無制限

※ネットワーク帯域占有するような過大な使用には制限あり

ワイモバイル

アドバンスオプション利用で無制限(月間)

※3日間で10GBの制限あり

WiMAX2+

WiMAX2+のギガ放題プランで月間の通信量は無制限となっています。ただし、3日間で10GBの制限はあります。

3日間で10GBは高画質動画視聴を十数時間連続、長時間行うと到達するレベルです。

クラウドWiFi(どんなときもWiFiなど)

クラウドWiFiでは通信量は無制限です。過大な通信を行った場合、ネットワーク帯域を占有するような状況においては制限される可能性があります。

ワイモバイル(ポケットWiFi)

ワイモバイルもWiMAX2+と同等の内容です。アドバンスオプションを利用することで月間の通信量制限は無制限となり、3日間で10GBの制限はあるものの、十分利用できる通信量です。

通信エリアの違い、回線の接続性や遅延について

WiMAX2+

人口カバー率100%

一部WiMAX2+ではなくWiMAXとなる地域・場所もある

クラウドWiFi

人口カバー率100%

ワイモバイル

人口カバー率100%

WiMAX

WiMAX2+のエリアは携帯キャリアのLTE回線を使う他サービスと違い、UQコミュニケーションズが独自に基地局を設置しています。ですので、人口カバー率は100%ではあるものの、地域や場所によってインターネット接続性は異なります。

ビルなどにも影響を受けやすいので速度が出ない場合や接続されない場面もあるでしょう。地下も比較的弱いので携帯電話の基地局のエリアカバーと比較して若干弱いです。

クラウドWiFi(どんなときもWiFiなど)

クラウドWiFiはドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線から空いている帯域を使っていますのでエリアも接続性もかなり高いです。人口カバー率も100%。地方の地域でも十分使えますし、海外でも利用可能です。

たくさんの人が使うと遅延が起きそうではありますが、もともとの通信速度を抑えている関係もあり、現時点では遅延はほとんどありません。

ワイモバイル(ポケットWiFi)

ソフトバンクのワイモバイルはソフトバンクのLTE回線を使っているので人口カバー率は100%となっています。

とはいうものの、ドコモやauのエリアと比較するとエリアの違いを感じる方もおられるでしょう。

月額料金や初期費用に差はあるか

WiMAX2+

ギガ放題で月額1,380円

※キャンペーン適用、基本料金は月額4,380円~

初期費用として事務手数料3,000円

クラウドWiFi

月額3,280円~

※プロバイダーによって異なる

初期費用として事務手数料3,000円

ワイモバイル

アドバンスオプション利用で月額4,380円

初期費用として事務手数料3,000円

WiMAX2+

WiMAX2+はキャンペーンが充実していますので、 キャッシュバック無しでも月額割引でお得なWiMAXでは月額1,380円~利用可能です。

ただし、プロバイダーによって料金は大きく異なり、総費用や契約期間内の実質月額料金を比較して本当にお得なプロバイダーを選ぶ必要があります。当サイトでは毎月の WiMAXおすすめランキングで紹介しています。

初期費用として事務手数料3,000円(税別)となっています。

クラウドWiFi(どんなときもWiFiなど)

月額料金は契約期間で固定としているプロバイダーがほとんどで、安いプロバイダー(Mugen WiFi)は月額料金3,280円から利用可能です。

事務手数料として3,000円(税別)が必要です。
 
Mugen WiFi

ワイモバイル(ポケットWiFi)

ワイモバイルについてはアドバンスオプション(通信無制限適用のオプション)の追加で月額4,380円となっています。大きな割引キャンペーンなどはありません。

データ端末について

端末によってサイズや通信速度、バッテリー等は異なりますが、持ち運んでインターネット接続するという目的は同じです。

WiMAX

WiMAX専用SIMが搭載されたモバイルルーターまたはホームルーター

WiMAX端末の比較はこちら

クラウドWiFi

クラウドSIM専用モバイルルーター

プロバイダーによって名称が異なりますが同じです。D1やU2sという端末名となっています。

ワイモバイル

ポケットWiFi端末 803ZT、801HW等

WiMAX2+

WiMAX専用SIMが搭載されたモバイルルーターは外出先で利用可能で、モバイルルーターを自宅用に設計されたホームルーターも販売しています。据え置き型充電用クレードルもあります。

通常プロバイダーで無償提供されています。

クラウドWiFi(どんなときもWiFiなど)

2019年時点でどんなときもWiFiはD1、Mugen WiFiではU2sというクラウドSIMが搭載されたデータ端末が販売されています。内容は同一です。

費用は無償となっています。

ワイモバイル(ポケットWiFi)

ワイモバイルはソフトバンク回線用SIMが搭載されたデータ端末、ポケットWiFiという名前で販売されています。

無償提供ではなく月賦性または一括での支払いが必要です。分割の場合は月額600円前後となります。

契約期間と契約解除料について

WiMAX

3年または4年

※一部プロバイダーで1年契約可能

クラウドWiFi

2年

ワイモバイル

制限無し

WiMAX2+

契約期間は原則3年または4年となっています。一部のプロバイダーでは WiMAXの1年契約も可能です。
契約解除料は途中解約で9,500円~2万円弱となっています。一部のプロバイダーは異なり、 ビッグローブは1年契約で契約解除料1,000円としています。

クラウドWiFi(どんなときもWiFiなど)

2年間が契約期間となっています。

途中解約による契約解除料は他社サービスと同等え9,500円~2万円弱で、利用期間により異なります。

ワイモバイル(ポケットWiFi)

ワイモバイルについて2019年10月から契約期間を設けなくなりました。途中解約も自由にできます。データ端末を分割で購入していれば残債の支払いは必要です。

まとめ

以上を踏まえるとどのサービスがおすすめなのか?

インターネット利用で高速通信、通信量を気にせず使いたいということならどのサービスでも十分使えます。WiMAXやワイモバイルは3日間で10GBの制限ああるものの相当使わないと到達しないので通信量制限は気にしないで使うことができます。

安さを求めるならWiMAXもキャッシュバック適用などで実質3,400円程度から利用できます(WiMAX最安ランキングはこちら)が、クラウドWiFiのMugen WiFiやどんなときもWiFiは月額固定の3,280円から2年契約で利用できるのでおすすめです。

通信速度の面ではWiMAXですねWiMAX2+の最新端末なら最大1.2Gbpsとなっています。 クラウドWiFiとは理論値で数倍のスピード差があるので体感速度もかなり違います。

通信エリアではどんなときもWiFiやMugen WiFiのクラウドWiFiのほうが接続性が高くおすすめです。

契約期間なしで使いたい場合はワイモバイルですが、 ビッグローブなど一部のプロバイダーで契約解除料1,000円で解約できるのでこちらもで十分おすすめです。

 
Mugen WiFi

ギガ放題プラン含め、全国MVNO各社のWiMAXキャンペーンや料金などプロバイダー選びならまずは下記をご覧ください。

WiMAX料金比較表・最終更新日:

WiMAXモバイルルーター・ホームルーターはどれを選べば良い?

最新2019年版WiMAX端末を下記ページで解説しています!!
LinkIconWiMAXモバイルルーター・ホームルーターのスペック比較表2019年版
LinkIcon通信速度が速いモバイルルーターで選ぶおすすめWiMAXランキング
 


もし、役立ったと感じていただければ以下SNSでシェア・共有いただけると嬉しいですm(_ _)m
 

毎月更新!!今月のWiMAX比較とランキング解説

今月のおすすめWiMAXプロバイダーを比較解説

WiMAX2+ギガ放題で選ぶ
今月おすすめプロバイダーをランキング順位の根拠と料金比較で徹底解説!!
更新日:2019-11-07

 

契約期間別で選ぶWiMAXランキング

LinkIcon1年契約できるWiMAX 2+
LinkIcon2年契約できるWiMAX 2+
LinkIcon3年契約で最安のWiMAX 2+

 

目的別に選ぶWiMAXランキング

実質費用の安さで選ぶ
キャッシュバックを踏まえた実質費用が安い順
月額料金の割引特典で選ぶ
キャッシュバック無し、月額料金割引特典を踏まえた安い順
通常プランの最安で選ぶ
通常プラン(Flatツープラス)の実質費用が安い順
事務手数料無料・初期費用の安さで選ぶ
事務手数料が無料、初期費用が安い順
乗り換えでお得・途中解約違約金負担無しで選ぶ
今使っているWiMAX途中解約で違約金無料、乗り換えでお得

LinkIcon口座振替で申し込み・支払いが可能で安いWiMAXプロバイダー

 

先月・今月~申込数No.1の人気WiMAXは?

毎月更新 最終更新日: 2019-11-07

LinkIconとくとくBB WiMAX2+

WiMAX2+でキャッシュバック額で選ぶならおすすめNo.1!!

WiMAX2+でキャッシュバック額で選ぶならおすすめNo.1!!人気のとくとくBBの当サイト限定キャンペーン2019年11月30日まで
キャンペーン詳細はこちら

プロバイダー社員さんにサービスの魅力を聞いてみた

プロバイダーのWiMAX担当の方に直接伺ってきました。

WiMAXの"超"最新情報サイト

WiMAXの期間限定・今だけお得なキャンペーンや高速モバイル、光回線などインターネット回線について最新情報&ニュースを発信しています。
LinkIconプロバイダープラス

今月(2019年11月)おすすめのプロバイダ

お急ぎの方におすすめ
即日の端末配送で最短で翌日から使えるWiMAX2+!!急ぎでスグにネット接続したい方はBroad WiMAX2+がおすすめです。
初期費用18,857円割引!!
※今月限定

WiMAX2+ギガ放題
最安ランキング

※機関別目的別で実質費用が安い順
※下記はキャンペーンを適用した最安プラン
キャンペーン締切:2019年11月末日

WiMAX料金比較.jpのtwitter公式アカウント

WiMAX/WiMAX2+の最新ニュースやキャンペーンをいち早くお届け!!
LinkIconWiMAX料金比較.jp公式twitterアカウント