WiMAXプロバイダ20社の料金・価格やキャッシュバック・キャンペーンを比較!おすすめNo.1は?
WiMAX料金比較.jp プロバイダー20社を比較

WiMAX料金比較.jpの管理人がWiMAX2+を街中で使ってみました

WiMAX2+を実際に使ってみた感想と注意点

WiMAX2+端末を使ってみたWiMAX2+端末を使ってみた

当サイトの管理人はこれまでプライベートで古いBIGLOBE WiMAXの端末を使っており、WiMAX2+は仕事でしか使っていなかったので今回はプライベートで街中でもWiMAX2+を使ってみましたのでその感想と注意点を書きたいと思います。

当ページの内容は初心者向けの内容となっているのでWiMAX上級者、玄人の方はご了承ください。若干、昔の時代の使い方の感想を述べつつになりますのでよくわからないところもあるかもしれませんが、WiMAXの使い勝手を中心に読んでいただけると嬉しいです。

※当ページの内容はWiMAX2+が開始されて使ってみたときの状況、2016年3月頃に東京都内で使ったときの感想が入り交じっており、若干時間的な内容のずれがあるかもしれません。

WiMAX2+で気になっていたこと

私は昔、WiMAXを使っていた(現在は古いWiMAXは利用を休止しています)ので、やっぱりWiMAX2+になっていたことは速度とエリアでした。

WiMAX2+の開始当初はやはり都内だけという状況だったので接続可能エリアはかなり狭かった記憶があります。ただ、2016年になって都内以外でも使ってみていますが、たいていの地域なら利用できるので本当に便利担ったなという感想です。

正直、私は自宅ではケーブルテレビの回線なので、ほとんど速度がWiMAX2+と変わりません。WiMAX2+のほうが速いと感じるときすらあります。(実際に速度計測するとWiMAX2+のほうが速いときがありました)

WiMAX2+のエリアは拡大、地下街、地下鉄でも利用できる!

WiMAX2+になってWiMAXが通信できたエリアにWiMAX2+用の基地局、設備が拡充されたことでWiMAX2+のエリアはこれまでのWiMAXのエリアとほぼ同じくらいのエリアに広がった感覚です(私個人の感想です)。ただ、一部の地域や地下などどうしても電波が届きづらいエリアではWiMAX通信となってしまいます。

それでもWiMAX2+のエリアはかなり拡大しているなという印象で、都内だったらほとんどWiMAX2+がどこでも繋がるという印象ですね。一昔前のWiMAXは地下に弱いWiMAXだったので地上が中心でしたし、ビル群があると繋がりにくいというがありました。WiMAX2+でもビルがあるとどうしても繋がりにくいというのはありますが、私個人の感想、場所にもよるのかもしれませんが、WiMAX2+の端末の進化、基地局側の進化(?)もあって前よりは繋がりやすくなったかなと思っています。

WiMAX2+の通信速度は十分満足できる品質!ただし・・・

昔のWiMAXは下り速度40Mbpsでした。それでも当時は満足していましたね。他のモバイル通信より速いわけですし、料金の安さ、キャンペーンの充実さもWiMAXには魅力がたくさんありました。

通信速度はWiMAX2+になって下り最大200Mbpsとなったので普通にインターネットサーフィンするだけなら困らない通信速度です。上記しましたが、昔のADSLやケーブルテレビよりも速いです。光ファイバーには負けますが私の使い方で考えると十分速くて便利に感じます。

ただし、まだまだ時間帯によっては速度が落ちるときがあります。どうしても周辺地域で使っている人が多いとかWiMAXから先のネットワーク内、インターネット網で混みあうなどはありますね。私の場合は夜は昼間よりちょっと遅いなという体感があります。

この辺りはまだまだ改善の余地がありますね。今後、WiMAX2+は1Gbpsまで速度が上がる予定がありますので期待したいと思います。当サイトでももちろん端末含めレビュー致します。

WiMAXに比べてWiMAX2+端末の使い勝手、利便性が向上

WiMAX2+になってW02WX02などでキャリアアグリゲーションに対応するなど端末そのものも進化を遂げています。昔に比べて端末自体も物理的にコンパクトに、薄くなりましたので持ち運びにも便利になりました。

すぐ利用したいというときにクイック起動で利用できるので鞄の中に手を突っ込んでボタンを押すということで手軽に利用できるのが良いですね。

私の使い方としては外で仕事をするときはノートパソコンとWiMAX2+を繋いで使っていますし、スマホも通信量が気になるのでギガ放題のWiMAX2+なら3日間の速度制限だけクリアすれば使い放題なので、スマホもWiMAX2+に繋いで使っています。

WiMAX2+とノートパソコンを接続WiMAX2+とノートパソコンを接続

電車の中とかはWiMAX2+と接続されたスマホでYoutubeなどの動画を見たり、ニュースを見たりしています。私の場合は仕事でWiMAX2+を使っているのでそれほど通信量が多くなりませんので余った分が多いためスマホでもWiMAX2+に繋いで使うことが多いです。

iPhone 6で簡単に接続できるので良いですね。1回接続しておけばWiMAX2+端末をクイック起動して数秒待てば勝手にiPhoneがWiMAX2+に接続されています。つながっているかどうかはWiMAX2+の端末画面に接続台数”1”とか出ていますのですぐに分かります。

WiMAX2+を上野駅の地下で使ってみる

この日、急なメールが入ってすぐに返信をしなければなりませんでしたので地下鉄ホームでノートPCを広げてWiMAX2+に接続しました。私のつなげた場所は東京メトロ上野駅の地下鉄ホームでした。

日比谷線上野駅の地下でWiMAXを使います日比谷線上野駅の地下でWiMAXを使います

上野駅は古い通路が多いのでちょっと不安になりましたが、最低でもWiMAXは接続できました。WiMAX2+はところどころ通信できるかなという感じでしょうか。WiMAX2+なのかWiMAXなのかはWiMAX2+端末の画面を見ればすぐに分かります。

地下鉄ホームでの通信モードは従来のWiMAX地下鉄ホームでの通信モードは従来のWiMAX

メール返信くらいならWiMAXの通信速度でも十分ですね。全く問題ない印象です。昔は地下鉄とか接続すら無理だったので本当に便利になったなと思いました。

もちろん今ではドコモ、AU、ソフトバンクの4G LTEは接続できるので通信設備という意味ではまだまだ携帯電話キャリアには負けています。

WiMAXはあくまで通信料金と通信エリア、通信速度のバランスが良いサービスだと思っているので一家に一台、通信の補助的役割として重宝しています。

ちなみに今回使ったのはWiMAX2+のとくとくBBでした。ギガ放題プランで毎日外でもガッツリ通信しまくっています。

これからWiMAX2+を使う方、検討中の方へ

WiMAXは当サイトでプロバイダー毎に比較しているようにたくさんのプラン、料金が異なるプロバイダーがあります。上記したエリアや速度ではプロバイダー間で大きな違いはありません。厳密にはインターネット網の部分で通信速度や帯域など速度に影響はあります。

ですので、キャンペーンや料金を中心に比較するのが賢い比較の仕方です。また、初心者の方は使い方に不安があると思いますので、大手のプロバイダー、インターネットプロバイダーとして古くから事業として行っている大手企業のサポート面を重視して検討するのも良いと思います。

もしかしたらWiMAXって本当に使えるのかな?とお考えの方は当サイトではなく他のサイトで口コミなど見られているかもしれませんが、昔からWiMAXを利用し、情報サイトを運営している私の感想も少しは参考になれば嬉しく思います。

WiMAXを使ってみようとお考えでしたら料金比較表でお得なプロバイダーを賢く選んでいただければと思います。


arrow_orange.gif最新のWiMAX/WiMAX2+の料金比較表はこちら

もし、役立ったと感じていただければ以下SNSでシェア・共有を何卒お願い致しますm(_ _)m

今月(2017年5月)おすすめのプロバイダ


老舗のニフティからキャッシュバック20,100円かつ3ヶ月間無料で総額3万円以上の実質値引きキャンペーン実施中!!【当サイト限定・2017年5月31日まで】


お急ぎの方におすすめ即日の端末配送で最短で翌日から使えるWiMAX2+!!急ぎでスグにネット接続したい方はBroad WiMAX2+がおすすめです。
※5月限定初期費用18,857円割引中です!!


WiMAX2+でキャッシュバック額で選ぶならおすすめNo.1!!人気のとくとくBBの当サイト限定キャンペーン【2017年5月31日まで】
キャンペーン詳細はこちら

WiMAX料金比較.jpのtwitter公式アカウント
WiMAX/WiMAX2+の最新ニュースやキャンペーンをいち早くお届け!!





当サイト限定】ソネットはキャッシュバックも選べて人気の高いプロバイダーです!!
【2017年5月31日まで】