WiMAXプロバイダ20社の料金・価格やキャッシュバック・キャンペーンを比較!おすすめNo.1は?
WiMAX料金比較.jp プロバイダー20社を比較

Speed Wi-Fi NEXT WX03 のお得なキャンペーンと口コミ、特徴まとめ

WX03 データ通信端末のポイントをまとめました

モバイルルーター(WiFiルーター)として220Mbpsを実現した次世代のWiMAX2+の登場から早くも倍の速度が出る端末が登場しました。370Mbpsまで高速化したW03、そして、さらにその上をいく440Mbpsの理論値まで高速化したWX03が発売となりました。

今回のWX03はNECプラットフォームズ社(旧NECアクセステクニカ)製のWX01WX02の後継機種にあたります。現在発売中のW03とも比較してお得なキャンペーンを紹介・解説します。口コミ・評判も紹介していきたいと思います。

2016年12月2日よりホワイトゴールド、ディープブルーの2色が販売開始となります。

WX03の特徴とキャンペーン

WiMAX2+ Speed Wi-Fi NEXT WX03

WX03は2016年12月2日に発売の新機種、WiMAX2+の下り最大440Mbpsに対応したデータ通信端末です。従来のWiMAX2+端末、ファーウェイ製とはライバルにあたる機種になります。先述したようにWX01とWX02の後継機という位置づけです。NEC製ということもあり、これまでと同様、「Made in Japan」、日本製というのもウリにしています。

これまでW01やWX01などが220Mbpsの通信速度に対応しており、その後、W03で370Mbpsまで下り速度が高速化されていました。これに対してWX03は4×4MIMOの技術で従来の220Mbpsの通信を2つ統合することで440Mbpsまで高速化しました。220Mbpsと440Mbpsでは倍の速度なので体感でも違いが出て来るレベルです。

これまでもWX02では4×4MIMOに対応していましたが、技術革新が進んでいるということで今後も高速化が進んでいくと思われます。実は数年後は1Gbpsまで下り速度が早くなる計画もあるので新しいWiMAXのサービスが実現しそうですね。そして、無線LAN規格のIEEE802.11ac対応しています。通信の安定性も無線LANの領域でも問題なく使えることになります。

WX03はWiMAX2+を提供する主要のプロバイダーで早速、キャッシュバック及び利用初月月額料金無料の特典・キャンペーンが開催されていますのでチェックしてみてください(発売前は予約受付中です)。デザインは白基調と黒基調の2色展開。自宅でも便利に使えて充電も可能な据え置き型に対応した専用クレードルセットもありますので、検討してみてください。

WX02との違いとは?

同じNECプラフォームズから販売されている1つ前の世代のWX02と何が異なるのか、下記にまとめました。

スペックの比較についてはWX01やWX02も含めたデータ端末比較表が分かりやすいと思いますのでそちらをご覧いただければと思います。

  • サイズや重量の違い
    • WX02と比べてWX03は若干重くなっています。WX01から比べるとWX01が97g、WX02は95g、WX03は110gとなって、両手に持つと違いが分かるくらいです。
    • サイズに関してはWX02のほうが若干幅が広く、WX03になって少し小じんまりとしました。ただし、厚みについては少し分厚くなっています。
  • 通信規格の対応の違い
    • WiMAX2+の速度220Mbpsが現在の主流で従来のWX01もWX02がそれらの速度となっており、W03が370Mbps、WX03が440Mbpsとなっています。速度で言えば最速が本機種のWX03となっています。無線LANについてもIEEE802.11acに対応している点は違いありませんので、こちらの通信規格の対応の違いはありません。
  • バッテリー、省電力の違い
    • WX03はバッテリー自体はそれほど改善はないのですがハイパフォーマンスの440Mbpsを実現するため若干のバッテリー使用量が増え、接続時間が短くなっています。それでも、省電力モードなど従来の機能はそのまま継承されています。
  • Bluetoothによるディザリングが可能
    • WX03はBluetoothが搭載されていますので無線LANによる通信だけでなくbluetoothとのディザリングによってインターネット通信も可能になります。bluetoothは消費電力が少ないので場合に応じてPCやスマホやゲーム機などはbluetoothとの接続が理想です。

WX03の仕様や機能の詳細・特徴について

機能・仕様や特徴について改めて詳細にまとめていきたいと思います。

本体仕様

メーカー(製造元)
NECプラットフォームズ(NECグループ・日本製)
対応通信規格
キャリアグリゲーションWiMAX2+
端末タイプ
WiFiルーター(モバイルルータータイプ)
サイズ
横×奥行き×高さ

99×62×13.2 mm

重量

110g

バッテリー
連続通信時間

600分(10時間)※WiMAX2+ノーマルモード

休止モード時の待受時間

1,100時間(リモート起動あり)

発売日
2016年12月2日

商品の特徴、口コミ・評判

WiMAX2+のキャリアグリゲーションに対応した220Mbpsの通信が可能なWX01WX02の後継版ということで気になる商品本体の特徴は下記の通りです。運営者の口コミとしてコメントも入れています。

  • WX02と違いは通信速度が高速化
    • WiMAX2+の最大下り速度が440Mbpsまでに高速化されたのが一番の特徴ですなお、440Mbpsで利用できるのは販売開始当初は東名阪地域の都心部のみとなっており、順次拡大されます。
  • 連続使用時間は若干短くなった
    • 上記したように440Mbpsの高速通信を実現するため若干バッテリーのもちが悪くなっているのが現状です。それでも日常で使うぶんには支障がないレベルです。
  • サイズや重さはWX02より小さく重くなった
    • 前機種のWX02と比べてサイズ感は少し小さくなりましたが、重さは20gほど重くなったので割合でいうと20%重くなっており、重くなったと感じるほどです。それでも元々の重さが100g以下ということもあり、かばんなどに入れて運ぶ分には気になりません。

accept.pngWX03の特徴としては、WX01やWX02と比べて最高通信速度が下り440Mbpsに高速化されたことが言えます。それ以外はサイズ感の若干の違いはありますが、機能面では良い機能が継承されています。バッテリーの持ちは少し弱くなりましたのでサイズや重さなどが気になる場合はWX02でも良いと思います。

利用可能なプロバイダー

とくとくBBBIGLOBEソネット等、WiMAX2+が利用できるプロバイダー全てのプロバイダーで利用可能です。端末無料のキャンペーンも行っています。

まとめると、
WiMAX2+キャリアグリゲーション端末で前機種のWX02と同様に手にフィットする製品となっています。440Mbpsの高速通信を実現するのが最大の特徴。NECグループ製というのも安心感もあってバッテリー駆動時間が長くなったのも特徴です。


WiMAXのキャンペーンや料金などプロバイダー選びならまずは下記をご覧ください。
arrow_orange.gifWiMAX/WiMAX2+の料金比較表


WiMAX/WiMAX2+端末に関する記事一覧

もし、役立ったと感じていただければ以下SNSでシェア・共有を何卒お願い致しますm(_ _)m

今月(2017年12月)おすすめのプロバイダ


お急ぎの方におすすめ即日の端末配送で最短で翌日から使えるWiMAX2+!!急ぎでスグにネット接続したい方はBroad WiMAX2+がおすすめです。
※12月限定初期費用18,857円割引中です!!


WiMAX2+でキャッシュバック額で選ぶならおすすめNo.1!!人気のとくとくBBの当サイト限定キャンペーン【2017年12月31日まで】
キャンペーン詳細はこちら

WiMAX料金比較.jpのtwitter公式アカウント
WiMAX/WiMAX2+の最新ニュースやキャンペーンをいち早くお届け!!





当サイト限定】ソネットはキャッシュバックも選べて人気の高いプロバイダーです!!
【2017年12月31日まで】