WiMAXプロバイダ20社の料金・価格やキャッシュバック・キャンペーンを比較!おすすめNo.1は?

WiMAX料金比較.jp プロバイダー20社を比較

accept.pngWiMAX最新情報&よく読まれている人気コンテンツをピックアップ!!

arrow_red.gifWiMAX2+の新端末W03の特徴をレビューしました(2016年6月21日更新)point1_1.gif
arrow_red.gif当サイト管理人が街中でWiMAX2+を使ってみた感想と注意点(2016年4月20日更新)point1_1.gif
arrow_red.gifギガ放題プランの注意点についてまとめました(2016年4月4日更新)
arrow_red.gifWiMAX/WiMAX2+とSIM、格安スマホ、ワイモバイルの違いを比較しました(2015年8月20日更新)

WiMAX2+は2016年6月も高額キャッシュバック特典が継続!!

point1_1.gif2015年春からWiMAX2+は「ギガ放題」としてキャリアグリゲーションを適用した最大220Mbpsで通信可能。新端末もW03(2016年7月1日販売開始)、W02WX02Uroad-Home2販売中。WiMAX端末の比較はこちら
arrow_orange.gifWiMAX2+についての詳細と最新キャンペーンを比較してまとめました
※WiMAX2+は現在、Flatツープラスの月間7GB速度制限有りのプランと速度制限無しのギガ放題プランとが存在しています。「3日間3GB」の速度制限問題はご確認ください。目的に応じて、基本的にはどちらかのプランを選択することとなります。
arrow_red.gifWiMAX/WiMAX2+の料金比較表はこちら
arrow_red.gif無料でもらえるタブレットとセットでお得なプランはこちら

WiMAX2の料金はどうなる?

この記事はWiMAX2が発表された2013年当時の情報となっておりますので、最新のWiMAX2+についてはWiMAX2+まとめをご覧ください。


次世代高速モバイルとして現在も試験中の次のWiMAX規格「WiMAX2」。今後もWiMAXを使い続けるために必要な情報ですので当サイトでもお伝えしたいと思います。WiMAX2の料金や移行、エリアについて予想も踏まえ解説していきます。

先日報道にあったKDDI社長の発表についてはページ下部をご覧ください。

WiMAX2の月額料金・価格は据え置き

結論を先にお伝えすると、WiMAX2になったところで料金は現状維持を考えているそうです。つまり、現状と変わらずということは3,880円前後ということになりますね。プロバイダーではBroad WiMAXのように2,999円として商売しているところもありますが、この場合は金額が現状維持となるかは分かりません。ただ、UQ WiMAXでは3,880円と据え置くことを考えているそうです。

WiMAX2と他社の比較

ちなみに、WiMAX2の大きな特徴としてはさらなる高速化です。今でも十分だよと思うかもしれませんが、早くなればなるほど良いんです。さらに高画質な動画再生や高精細なゲーム、新しいジャンルの新サービスなど新しい試みがなされるからです。

さて、WiMAX2の通信速度ですが、他社と比較していますのでご確認ください。下り(※ダウンロード速度)の通信速度で比較しています。WiMAX2が始まる段階ではおそらく主流はLTEでしょう。その後の規格は発表されていないのでWiMAX2は一気にメジャーな通信サービスに飛躍すると予想されます。フレッツ光などの固定回線よりも速いですしね。

WiMAX2
100Mbps~140Mbps
WiMAX
40Mbps
イーモバイル G4
42Mbps
イーモバイル LTE
37.5Mbps~70Mbps
ウルトラWiFi
42Mbps
ウルトラWiFi LTE
37.5Mbps~70Mbps

差は歴然で他社の高速モバイルインターネットサービスと比べても2倍のスピードとなる見込みです

WiMAX2はいつから開始?

次に、WiMAX2はいつから開始なのかということですが、時期は今のところ(2012年9月現在)2013年頃からと発表されているに留まっています。現在はフィールドテスト中で通信機器の標準化および機器認証を行っていると思われます。

2012年末には状況の発表があると思われます。というわけで2013年にはデータ端末の発売とともにWiMAX2のサービス開始が行われるでしょう。

WiMAXからWiMAX2への移行は可能か?

次に疑問が浮かぶとすれば現在、WiMAXに契約してWiMAX2が始まったとき、スムーズにWiMAX2へ移行できるものなのか、お金はかかるのかといった不安があると思います。

あくまで予想に過ぎませんが、おそらく下記のようになると思われます。

現状の通信端末、データ端末では通信規格が異なるのでアクセスが不可能と考えられます。ですので、WiMAX2に移行したい方向けに無料もしくは小額でデータ端末の交換が行われ、その後でWiMAX2に接続ができるようになると考えられます。

WiMAX2のエリアはどうなる?

おそらくの域は出ないのですが、大都市圏からのスタートになるでしょう。WiMAX2に申し込んだ方は大都市圏ではWiMAX2の超高速スピードが利用でき、対応していない地域ではWiMAXとベストエフォート型の通信タイプとなると思われます。イーモバイルでも3GとG4とLTEとでベストエフォートが行われていました。

WiMAX2のデータ端末は?

これまで通りのメーカー、NECなどは参入してくるでしょう。AtermシリーズでWiMAX2対応の端末を現在開発していると思われます。モバイルルーターも必ず発売されると思います。

WiMAX2とKDDIの関係

UQ WiMAX運営元でWiMAXのプラットフォーム提供者のUQコミュニケーションズはKDDIの子会社という位置づけもあり現在のWiMAXとの関係を保った状態でリリースしてくると思われます。WiMAX2がKDDIのAUの携帯、Androidなどで搭載されると考えられます。

先日親会社のKDDI田中社長からWiMAX2の計画見直しの示唆という報道がありました。これは、TD-LTEのほうが今後市場として伸びるのではという考えからです。これを受けてWiMAXが廃れていくかといったらそうでもないと私は考えます。なぜならWiMAXは非常に導入しやすい状況にあるため、加入者数をどんどん増やしています。この加入者を円滑に新しい通信規格に移行することがビジネス上もとめられますし、急にWiMAXが無くなるということもありえない、そして現状LTEをユーザが導入するには非常にコストがかかるのですぐに切り替えということはありえないと思われます。

ですので、どうしても気になる方でWiMAXを始めようと考えておられる方は BIGLOBE WiMAX などの1年契約ができるプロバイダと契約しておけば2013年の解約期間でそのときの状況がどうなっているかで判断すれば良いのではと考えます。

point1_2.gif【2013年8月1日 追記】WiMAXの今後

WiMAXについてプロバイダーの方に直接聞く機会があったのでWiMAXの今後について伺ってみました。

現状、WiMAX2は一旦保留となっているような状況でした。現在はWiMAX2+(ワイマックス2プラス)という速度が速くなったものが今後リリースされる見込みだそうです。ただ、まだ状況は流動的のようです。

WiMAX自体がすぐになくなるようなことはなく、新しい規格に移行する際は既存のユーザも速やかに切り替わると思われます。

現在、WiMAX2に関わる今後のWiMAXについて気になってWiMAXの契約を躊躇されている方はこのような話題は気にせず申し込んでも問題ないかと思います。不安でしたらビッグローブニフティの1年契約ができてキャッシュバックが可能なプロバイダーを選択いただければ未知のリスクに対応しやすいのではと思います。



以上、WiMAX2についてでした。続報があり次第、当ページにて更新して参ります。





WiMAXの最新情報・特集一覧はこちら

今月(2016年6月)おすすめのプロバイダ


人気のビッグローブからキャッシュバック20,000円または月々の料金の割引にあてられる21,600円分のポイント進呈の豪華キャンペーン開催中!!【当サイト限定・2016年6月30日まで】


お急ぎの方におすすめ即日の端末配送で最短で翌日から使えるWiMAX2+!!急ぎでスグにネット接続したい方はBroad WiMAX2+がおすすめです。
※6月限定初期費用18,857円割引中です!!


WiMAX2+でキャッシュバック額で選ぶならおすすめNo.1!!人気のとくとくBBの当サイト限定キャンペーン【2016年6月30日まで】
キャンペーン詳細はこちら

WiMAX料金比較.jpのtwitter公式アカウント
WiMAX/WiMAX2+の最新ニュースやキャンペーンをいち早くお届け!!





当サイト限定】ソネットはキャッシュバックも選べて人気の高いプロバイダーです!!
【2016年6月30日まで】