WiMAXプロバイダ20社の料金・価格やキャッシュバック・キャンペーンを比較!おすすめNo.1は?

WiMAX料金比較.jp プロバイダー20社を比較
WiMAX料金比較.jp プロバイダー20社を比較

WiMAX料金比較,jp トップページ | iPhoneのデザリングとWiMAXを比較【おすすめ利用法と節約術】

iPhoneのディザリングでWiMAXを使ってみた

ここではiPhoneのデザリング(ディザリング)を使うのとWiMAXを使うときとでどちらが節約できるのか、またどちらがおすすめなのかということを料金・価格だけでなく利用シーンの面においても比較してメリット・デメリットを出していきたいと思います。

ちなみに、デザリングとは・・

iPhone5を中継機器、Wifiモバイルルーターのよう形として使うことでその機器を通じて他のコンピュータ(パソコンなど)をインターネットに接続できるようなる機能

↑、一応勉強しておきましょう。

以下より、通常携帯電話会社でiPhoneを使う場合とWiMAXも使って接続するメリット・デメリットを比較します。

iPhoneのデザリングを使うメリット・デメリット

メリット・良い点

  • iPhoneだけ持っていれば手持ちのノートPCなどをインターネットに接続できる(つまり、身軽である)
  • デザリングを契約すれば通信料としてパケット定額料が値下げされる(詳細はドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式サイト参照のこと)
  • LTEの高速通信がデザリングによって他の機器も通信速度が速くなる

デメリット・残念な点

  • 月額525円の利用料が必要
  • 月間の通信料(パケット定額)は5,460円前後と高額
  • パケットパック利用においても通信量制限あり
  • 通常、通信量の制限があり、月間の通信量が7GBを超えると通信速度が128kbpsに減速する(追加料金で解除可能)
  • iPhoneの電池の消耗が促進されてしまう

iPhoneのデータ通信にWiMAXを使うメリット・デメリット

メリット・良い点

  • WiMAX2+のギガ放題なら月間の通信量制限がない(3日間で10GB)
  • 一般的に月額3,696円のためデザリング利用時(オプション契約金額も含む)と比べて2,000円以上安い
  • 通信量の制限が無いので減速することはない
  • iPhoneの電池の消耗を気にする必要はない(3G, LTE回線より若干電池が長持ちする)

デメリット・残念な点

  • データ端末となるWiMAXモバイルルーターを常に持ちあるく必要があり、データ端末側の電池が無くなると利用不可

まとめ

iPhone のデザリング利用時とWiMAXを使うときとでメリット・デメリットは裏返しのような状況ではありますが、以下、まとめます。

デザリングは通信量が増えるはずなので通信制限に引っかかる可能性があります。一番のポイントは、通信量制限がないギガ放題なら思う存分使えるということです。ヘビーユーザーならWiMAX2+をiPhoneディザリングで使うと便利です。

さらに月額料金においては月で2,000円もデザリング利用のほうが高く、年間の費用で計算すると25,000円程度、iPhone デザリングとして使ったほうが高い。従って、一日中デザリングを使うヘビーユーザー(自宅のインターネット回線の代わりにするなど)の場合はiPhoneのデザリングは利用すべきではなくWiMAXのほうがおすすめです。

とはいえ、iPhoneのデザリングはかなり便利。おすすめの使い方を考えました。

iPhoneのデザリングを利用するおすすめな方、使い方

  • 外出先、自宅外にてノートパソコン等で簡単なメールチェック、調べ物などインターネットサーフィンを行う方
  • ゲーム機器などの接続はたまにしか利用しないという方
  • デザリングを利用して動画など重いファイルの送受信は行わない方

WiMAXを利用するおすすめな方、使い方

  • 自宅でも日中帯もインターネットアクセスする方
  • インターネットを介して動画やゲームを日常茶飯事、楽しんでいる方
  • とにかく通信料を節約したい方
つらつらと書きましたが、ちょっと下記も大切なのでお読みください。
念のためですが、iPhoneを使うとなればパケットし放題という契約は普通に行うことになると思いますので、WiMAXを別途契約したとしてもiPhoneの通信料は普通に支払う必要があります。

よって、 iPhoneもWiMAXを使うとなればWiMAXの通信料もかかるわけです。iPhoneのデザリングで節約できる条件としては、それほどインターネット通信を行わないということであればWiMAXは契約せず日常的に自宅の回線もiPhoneデザリングとして使って問題ないと思います。

ただし、 それなりに動画も見るし毎日ネットを使っているよという方はiPhoneのデザリングだけではいつか速度制限に引っかかるでしょう。そうなれば満足いく使い方はできなくなりますのでWiMAXを別途契約してメインで使う回線として使うのが理想です。

iPhoneは携帯電話会社で契約している場合は解約し、WiMAXを使う、または SIMを使うというのも節約するポイントです。

ギガ放題プラン含め、全国MVNO各社のWiMAXキャンペーンや料金などプロバイダー選びならまずは下記をご覧ください。

WiMAX料金比較表・最終更新日:2018-05-01

もし、役立ったと感じていただければ以下SNSでシェア・共有を何卒お願い致しますm(_ _)m
 

先月・今月~申込数No.1の人気WiMAXは?

毎月更新 最終更新日: 2018-05-01

LinkIconとくとくBB WiMAX2+

WiMAX2+でキャッシュバック額で選ぶならおすすめNo.1!!

WiMAX2+でキャッシュバック額で選ぶならおすすめNo.1!!人気のとくとくBBの当サイト限定キャンペーン2018年5月31日まで
キャンペーン詳細はこちら

今月(2017年12月)おすすめのプロバイダ

お急ぎの方におすすめ
即日の端末配送で最短で翌日から使えるWiMAX2+!!急ぎでスグにネット接続したい方はBroad WiMAX2+がおすすめです。
※12月限定で初期費用18,857円割引中です!!

WiMAX2+おすすめ
プロバイダーランキング

※実質かかる年間費用が安い順(2年間)
2018年5月現在

WiMAX料金比較.jpのtwitter公式アカウント

WiMAX/WiMAX2+の最新ニュースやキャンペーンをいち早くお届け!!
LinkIconWiMAX料金比較.jp公式twitterアカウント

 

【当サイト限定ソネットはキャッシュバックも選べて人気の高いプロバイダーです!!2017年12月31日まで