• WiMAX
  • WiMAXの最新情報
WiMAX終了

WiMAXの終了による影響について徹底解説!!

WiMAXサービスが終了すると現在の利用者に影響はある?

2018年9月4日、UQコミュニケーションズはWiMAXサービスを2020年3月31日に終了すると発表しました。

プレスリリースはこちら

一瞬、WiMAXが2020年に終わって使えなくなるんでは?と思った人もいらっしゃるかもしれません。

ニュース記事などをご覧いただいた方はわかると思いますが、改めてWiMAXサービスの終了の具体的な内容、WiMAXとWiMAX2+の違いなどここで整理し、現在のWiMAX2+利用者への影響について解説していきたいと思います。

2020年に終了するWiMAXサービスとは

現在のWiMAX2+よりも10年近くも前、2009年から運営していたWiMAXがあります。

周波数10MHz帯を利用していたWiMAXで当時から今日まで下り最大10Mbps程度の速度で提供し続けていました。

WiMAX2+とは速度の面で大きく異なっていますし、周波数帯もWiMAX2+が20MHz帯をマルチで使っているものとは大きく異なる通信環境です。

一昔前から「ノーリミットモード」として月間の通信量制限無しにインターネット利用ができていたもので、最近はそもそもWiMAXの利用ができない端末が多くリリースされていたので最近WiMAXを始めた方には恩恵というか存在そのものが知られていなかったかもしれません。

当サイト運営者の私自身も当時、WiMAXを利用し始めた頃はWiMAXのノーリミットモードとして無制限に利用できてとても便利でした。

現在のWiMAX2+とは異なり、周波数帯が若干小さいので地下などでも利用できるなど比較的エリアが広いという点、メリットがありました。

それがWiMAX2+の登場によって通信速度の向上や周波数帯の利用拡大によりWiMAXはあまり利用されるものではなくなってしまいました。

まだまだ一部のユーザーには重宝がられているもので、惜しまれる声もあるようです。

UQお得に機種変更

WiMAXの終了で終わってしまうサービスやプランは?

WiMAXサービスの終了と同時に利用できなくなるサービス、プランがあります。

現在は見る影もなくなってしまって新規申込みは既に終了している以下のサービスは利用できなくなります。

  • UQ Flat年間パスポート
  • UQ Flat年間パスポート ハート割
  • UQ Flat
  • UQ Step
  • UQ 1Day

2018年9月30日には完全に新規申し込みを終了するとのことです。

UQ 1Dayの1日単位で利用できるサービスのみ10月以降も申し込みは可能で、終了時期は同じで2020年3月には利用できなくなります。

WiMAXが利用できなくなる端末・機器一覧

利用できなくなるWiMAX端末

データ通信カード

メーカー名 機種端末名称
アイ・オー・データ機器 WMX-U01、WMX-U02、WMX-U03、WMX-U04
WMX2-U01、WMX2-U02、WMX2-U03、WMX2-U04
NECプラットフォームズ UD01NA、UD02NA、UD03NA、UD04NA
Aterm WM3200U、Aterm WM3200C
OKIネットワークス UD01OK、UG01OK
WiWiGW
シンセイコーポレーション UD01SS、UD02SS、UD03SS、UD04SS
MW-U2510、MW-U2510SS2

モバイルルーター

メーカー名 機種端末名称
アイ・オー・データ機器 WMX-GWMR
NECプラットフォームズ Aterm WM3300R、Aterm WM3500R、Aterm WM3600R、Aterm WM3800R
シンセイコーポレーション URoad-5000、URoad-7000、URoad-8000、URoad-9000、URoad-SS10、URoad-Aero
ネットワークコンサルティング Mobile Cube、Mobile Slim
アルチザネットワークス AZ01MR
ソフトアンドハード egg

ホームルーター

メーカー名 機種端末名称
アイ・オー・データ機器 WMX-GWBA、WMX-GW02A
NECプラットフォームズ Aterm WM3400RN、Aterm WM3450RN
シンセイコーポレーション URoad-HOME

WiMAXパソコン

WiMAX機能が搭載されたWiMAXの一例をあげておきます。一部タブレット端末も掲載しています。

メーカー名 機種端末名称
Acer Aspire one AOD255
ASUS Eee pad TF101
NEC Lavie G タイプM
エプソンダイレクト Endeavor NJ3700E他
オンキヨー M515A4WX
シャープ GARAPAGOS
ソニー VAIO Zシリーズ
東芝 libretto W100、dynabook UX
パナソニック Lets note SX2、Lets note MX3
富士通 LIFEBOOK MH30/G
レノボジャパン Thinkpad X1

 

WiMAXが搭載されているWiMAX2+対応機器

以下の機器・WiMAX端末はWiMAXとWiMAX2+が利用できますが、WiMAXサービスの終了によりWiMAX2+のみの利用となります。

完全に利用できなくなるわけではありませんが、WiMAXによるノーリミットモードの利用はできなくなるので注意が必要です。

エリアについても若干の違いがあるため、使用感としてこれまでと感覚が異なることがあると思います。

メーカー名 機種端末名称
ファーウェイ HWD14、HWD15
NECプラットフォームズ NAD11
WX01、WX02
シンセイコーポレーション URoad-Stick、URoad-Home2+、URoad-TEC101

従来のWiMAX端末がお得に最新機種に交換が可能!

UQコミュニケーションズは「おトクに機種変更」というサービスを2018年10月から提供します。

具体的には「Flatツープラスギガ放題3年プラン」に移行する場合、事務手数料が無料、プランの途中解約料が無料、最新端末代が無料、3年間のギガ放題利用料金が3,696円(3年間)利用できるものになっています。

無償で機種変更可能な端末

以下の端末のいずれかに無償交換が可能です。

  • Speed Wi-Fi NEXT W05
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04
  • Speed Wi-Fi HOME L01s

手続き方法はUQ公式サイトの機種変更申し込みページよりお申し込みください。

ちょっと待って!UQ WiMAXは本当にお得!?

当サイトではWiMAXの料金比較を行っていますが、UQはキャンペーン内容としてはとくとくBBやビッグローブなどがお得なケースがあります。

例えばこちらの記事「今月のWiMAXキャンペーン徹底比較とおすすめプロバイダー」で一番お得なプロバイダーを紹介しています。

解約料がかからないなら他社プロバイダーも検討してみてください。

解約料も払ってもキャッシュバックを3万円~4万円ほど受けられるならそちらのほうがお得です。

関連記事一覧